• ホーム
  • 淋病に関連した発熱と郵送検査

淋病に関連した発熱と郵送検査

淋病というのは、比較的多くみられる性感染症の一種であり、淋菌とよばれる病原菌が引き金となって、さまざまな症状をもたらします。

淋病の一般的な症状としては、男性の場合、尿路から黄色いうみのようなものが出てきたり、排尿のたびに熱く灼かれるような痛みがあるといったものが挙げられます。
女性の場合には、白いおりものが増えるといったことのほかには、特に症状がないという場合も多いようです。

しかし、この淋病が進行して、男性であれば精巣上体炎、女性であれば子宮頚管炎などといった別の病気になってしまいます。
いずれも炎症による発熱が生じることから、このように発熱などの症状が出る前に、ただしい治療をしなければなりません。

淋病にかかってしまった場合、婦人科や泌尿器科などの医師に検査をしてもらい、淋菌が感染していることが確認されたあと、医薬品の処方を受けるというのが通例です。
この場合の医薬品としては、淋病にも効果があるような抗生物質が選択されます。

抗生物質とはいっても、どのような菌種に効果があるのかというのは、それぞれの製品によって異なります。
かつてはペニシリン系などの種類の抗生物質がよく用いられていましたが、現在のところはニューキノロン系の抗生物質のほうが使われます。

病院に行くだけの時間がないという場合、自宅でできる淋病の検査きっとなどもありますので、これをまず販売業者から郵送してもらい、自宅で検体を採取したあとでさらに検査機関に郵送して、折り返し結果の報告を受けるといった方法もあります。
ただし、郵送による方法は、基本的に感染しているかどうかの検査だけですので、陽性であることが判明した場合については、やはり医師から治療薬を処方してもらう必要が出てきます。

関連記事
人気記事一覧