• ホーム
  • 淋病と認知症とニキビについて

淋病と認知症とニキビについて

淋菌が原因で発症する性感染症が、淋病の性病です。
淋病は成功賞によって粘膜部位に感染をします。
そのため性病のなかでも、淋病は感染しやすい病気でもあります。
感染率を数字で見ても、30%という高い数字が出ています。
しかもこれだけではなく、一緒にクラミジアの性病にも感染している確率は高いです。
感染者が多くなったのは、1990年代を過ぎてからになります。
感染してから数日もすると発症します。
ですが、自分で気がつかないケースもあります。
性器への感染だけではなく、男性も女性も、のどへの感染率も高めです。

身近な家族が認知症になる可能性は、絶対にないとは言い切れません。
いつかは誰もが年をとりますし、認知症にならないのはラッキーで、そうなる確率はゼロとは言えないものです。
老いることに伴い、発症する病気の一つとして、認知症になることもあります。
脳の中で大切な細胞が死滅してしまうとか、働き自体が悪くなります。
そうすると判断力は鈍り、記憶力への障害も出てきます。
意識障害はありませんが、対人関係とか社会生活には支障が出てきます。
高齢化の進展と比例するかのように、認知症の割合も増えています。

10代のころとは状況が変わってくるのが、20歳以上の肌に見られ得るようになる大人ニキビの症状です。
思春期の時には成長過程でもあり、よく顔を洗うことで治まってくれたのが、大人になったら洗顔だけではよくならないことが増えます。
それどころか、洗顔のしすぎでニキビが増加することさえあります。
大人ニキビは、適したスキンケアで対処していくことが必要です。
皮脂などを取り去ることだけに固着しないで、大人の肌には適度に与えるケアも重要となってきます。

関連記事
人気記事一覧